英語、行政書士、勉強、読書、ランキング、トレンドニュースなどについて、まことがブログを使って楽しくお伝えします。

まことブログ

トレンドニュース

軽くて安いワークマンの安全靴サンダンス(スニーカー)JSAAA種を購入しました

安くて軽いワークマン の安全靴を購入しました。

購入したのは、sundance(サンダンス)というブランドのRS-716Wです。

軽くて安いワークマンの安全靴サンダンス(スニーカー)RS-716W 緑色

ワークマンの安全靴サンダンス(スニーカー)RS-716Wとは

サンダンス(スニーカー)RS-716Wは見た目は普通のスニカーと変わらないおしゃれな外観です。

色は緑と青色があります。

たぶん、安全靴を知らない人は、普通のスニカーにしか見えないと思います。

ワークマンの安全靴サンダンス(スニーカー)RS-716Wの性能メリット

JSAA(日本保安用品協会)japan safety appkiances associationの形式認定合格証明票がついています

軽くて安いワークマンの安全靴サンダンス(スニーカー)RS-716WのJSAA A種 軽くて安いワークマンの安全靴サンダンス(スニーカー)RS-716WのJSAA A種 型式認定合格証明票

作業現場によっては、このJSAA(日本保安用品協会)の合格証がついていないと作業できない現場があるそうなので、作業現場で働く予定の方は、この証明票がついている製品を購入したほうがいいと思います。

それと、JSAA(日本保安用品協会)にはA種とB種があります。

A種が普通作業用でB種が軽作業用です。

名前のとうりA種の方が規格が厳しく、高性能です。

現場によっては、JSAA(日本保安用品協会)の安全靴でもA種でないとダメなところもあるので、その辺も考えて安全靴を購入してください。

自分がワークマンで安全靴を見に行ったときは、たぶん20種類くらい在庫がありましたが、半分くらいは、このJSAA(日本保安用品協会)はついていませんでした。

JSAA規格について

軽くて履き心地がいい

自分がこのサンダンス(スニーカー)RS-716Wを購入した理由は、軽くて履き心地が良かったからです。

いちよう、ワークマン(八潮店)で販売していた安全靴は全部試し履きしましたが、一番履き心地が良かったので、この商品を購入しました。

ワークマンの安全靴サンダンス(スニーカー)RS-716Wの性能デメリット

デメリットは色が緑と青色しかない点

やはり、基本的に安全靴は作業現場で履くものなので、そういう人はやはり黒系がいいと思います。

最近では、防護用品として購入する人もいるので、そう人はファッショナブルなこの色もいいと思いますが、作業現場で働くので購入する人は、やはり汚れるので、黒色がいいと思います。

自分も、できれば黒色があれば、黒色を購入しました。

踏み抜き防止対策がない

軽くて安いワークマンの安全靴サンダンス(スニーカー)RS-716Wの安全上の注意

軽くて安いワークマンの安全靴サンダンス(スニーカー)RS-716W 踏み抜き防止対策はなし

購入してから、使用上の注意を見て気づきましたが、残念ながらこのサンダンス(スニーカー)RS-716Wは、踏み抜き防止が機能がついてないです。

なので、長い釘などを踏むと危険だと思います。

まとめ

今後、実際に現場で働いてみて、どのように劣化していくのかレビューしていきます。

⇓  ⇓  ⇓
ワークマンの商品を見てみる

-トレンドニュース

Copyright© まことブログ , 2021 All Rights Reserved.